シーゲルのお友達

米国高配当株を中心に全力でインデックス投資!Shigeのセコイ節約投資生活の浮き沈みを全公開!

ビジネス

Amazonがビデオゲームの配信を計画

投稿日:2019年1月13日 更新日:


Amazonが同社のクラウドサービスを発展させてストリーミングでビデオゲームの配信を計画しているのではないかとWashington Postほか複数のメディアで報道されています。

日本のビデオゲーム産業は、若者のゲーム離れと開発費の上昇で衰退産業と見られた時期もありましたが、ここ数年でスマホゲームの普及による課金収入の増加で持ち直し、活況を呈しています。世界においても、中国や米国を中心にゲーム産業の規模が急激に拡大し、様々なゲームタイトルのスタープレイヤーによる国際大会が各地で開かれるまでになりました。

これまでビデオゲームのプラットフォームといえばスマートフォン向けのゲームがアプリストアで販売される程度でした。しかし、今後、Amazonが電子書籍や動画・音楽に加えてビデオゲームまでそのプラットフォームに取り込むようになれば、ゲーム会社の商品展開の成否をAmazonが握り、ビデオゲーム業界の構造を大きく変えることになります。

また、Amazonが更に幅広いコンテンツを扱うことにより、動画・音楽など他の分野の他プラットフォーム(Netflix、Spotify等)に対するAmazonの優位性も高まります。

日本はマンガ・アニメ・ゲーム等のコンテンツ分野において長い歴史を持ち、そのクオリティの高さは世界でも高く評価されていますが、今後はこうした世界的なプラットフォームに支配される動きが加速していくでしょう。

<出典:NewzooのGlobal Games Market Report

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【悲報】副業も普及しない、ギグエコノミーも拡大しない日本

働き方改革の一環として厚生労働省が昨年1月、指針作成など副業解禁に向けて舵を切ってから約1年が経過しました。最近では徐々に取り入れる企業も現れていると報道されています。 しかし、大部分の企業は、政府の …

【悲報】自ら老後資金を確保しない限り75歳まで働き続ける社会に

厚生労働省が公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討(その代わり、繰り下げ受給を選択した高齢者は、75歳以降に受給する年金額を割増し)に入ったと報道されています。2019年は公的 …

【仕込みチャンス到来】中国新車販売、18年は28年ぶり前年割れ

14日、2018年の中国の新車販売が前年比2.8%減に止まったと中国汽車工業協会が発表しました。 その中でも、関税引下げの影響でトヨタが販売台数14%増、多目的スポーツ車(SUV)が好調だった浙江吉利 …

【自己防衛】日本でも若年層に積立投資が徐々に普及

2018年1月から始まったつみたてNISAの利用者が100万口座を超え、そのうち4割が20〜30代だと報じられています。 前回の投稿でも書いたように、2019年は公的年金の持続可能性を検証する5年に1 …

【悲報】タクシー業界の既得権益ゴリ押しでライドシェア広がらず

ライドシェア(自家用車を使った配車や相乗り仲介のサービス)が、過疎地を中心に徐々に始まりつつあると日本経済新聞で報道されています。 しかし、実際のところ、道路運送法により既得権益を享受しているタクシー …