シーゲルのお友達

米国高配当株を中心に全力でインデックス投資!Shigeのセコイ節約投資生活の浮き沈みを全公開!

ビジネス

【仕込みチャンス到来】中国新車販売、18年は28年ぶり前年割れ

投稿日:2019年1月14日 更新日:


14日、2018年の中国の新車販売が前年比2.8%減に止まったと中国汽車工業協会が発表しました。

その中でも、関税引下げの影響でトヨタが販売台数14%増、多目的スポーツ車(SUV)が好調だった浙江吉利集団が20%増だったのに比べ、ゼネラル・モーターズやフォードといった米国勢は、それぞれ10%減、37%減と不振だったとされています。

上記の報道によれば、中国汽車工業協会の幹部は、19年も18年と同様の水準を見込むと話しているようです。

別の報道でも、中国は18年12月は対米で輸出入とも前年割れ(輸出4%減、輸入8%減)と言われています。18年の第4四半期は中国市場を主要なターゲットとする米国企業は業績を相当落としていることが推測できます。同報道では、米国から中国への輸出が減少した品目として大豆や天然ガスが挙げられています。

これから米国企業の決算が続々と発表されますが、アップルに続き期待を裏切る決算が続出するかもしれません。

他方で、これに動揺して米国の株価が上下する状況が続けば、むしろ米国株を買い進めるチャンスです。長期的には米中貿易摩擦も解決に向かっていくのであって、これから発表される決算はむしろ過去の後追いの数字に過ぎません。

短期的な動きに振り回されず、むしろチャンスと考え、淡々と投資を仕込んでいきます。

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高齢者にも電子マネー普及で銀行の存在意義がいよいよ希薄に

高齢者の間で電子マネーの利用が広がっていると報道されています。70歳代の電子マネー平均利用額は直近5年間で87%増加し、全世代平均の58%を上回りました。 そもそも今まで高齢者がカードを使わなかったの …

【悲報】自ら老後資金を確保しない限り75歳まで働き続ける社会に

厚生労働省が公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討(その代わり、繰り下げ受給を選択した高齢者は、75歳以降に受給する年金額を割増し)に入ったと報道されています。2019年は公的 …

【自己防衛】日本でも若年層に積立投資が徐々に普及

2018年1月から始まったつみたてNISAの利用者が100万口座を超え、そのうち4割が20〜30代だと報じられています。 前回の投稿でも書いたように、2019年は公的年金の持続可能性を検証する5年に1 …

テンセントがWeChatプラットフォームの拡大を加速

WeChatとオンラインゲームで中国の消費者向けサービスで圧倒的な地位を築いたテンセントが、単なる消費者向けサービスから企業向けサービスへの拡大を進めようとしているとForbesで報じられています。 …

【悲報】人材競争力: ソウル・台北・シンガポール>東京という現実

人材の競争力を国・都市毎に評価した2019年版の「世界人材競争力指数」において、東京が上位10都市にランクインできず、同じアジアでもソウル・台北・シンガポールに負けていることが明らかになりました。報告 …