シーゲルのお友達

米国高配当株を中心に全力でインデックス投資!Shigeのセコイ節約投資生活の浮き沈みを全公開!

ビジネス

【共働き最強】まだ専業主婦やってるの?

投稿日:2019年2月2日 更新日:


2018年の女性の就業率が全年齢ベースで51.3%となり、50年ぶりに5割を超えたことが話題になっています。実際には、50年前は農業や自営業など家業で働く女性が就業者にカウントされているため、現在の状況は日本にとって歴史上初めてと言って良いでしょう。

出典:日本経済新聞

2018年は若年層の女性就業率が大きく上昇し、特に15歳~24歳の伸びは3.9ポイントと年代別で最も高くなりました。短時間勤務や未経験者を容認するなど人手不足でアルバイトの就労条件が良くなっていることが背景にあるとのこと。実際、2018年11月の有効求人倍率は1.63倍となり、昭和49年1月の1.64倍以来、約44年ぶりの歴史的な高水準になっていることから分かるように、サービス業を中心に現場は人手不足に喘いでいます。

 

出典:厚生労働省

ただ、実際には有効求人倍率と関係なく子供のいる家庭の共働きの割合が上昇していますので、現場の人手不足だけが原因ではなさそうです。

出典:厚生労働省

出典:厚生労働省

名目賃金の推移を見ると、1997年から一貫して低下傾向となっています。近年の共働き家庭の増加は、一義的には賃金水準の低下を補うために共働きするという社会全体のトレンドが作用しているものと思われます。

専業主婦などというのはまだ豊かだった昭和の遺物であり、現代社会では単なる贅沢品になりました。これからは文字どおり生きるために老若男女が働き続けなければならない社会になります。そんな人生が嫌であれば、若い頃から夫婦でコツコツと節約→投資→配当というサイクルを作り出し、せっせと勉強して労働市場における自らの価値を高めて、自らの人生をコントロールしなければなりません。

共働きで貧乏人生から脱却しよう!

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【仕込みチャンス到来】中国新車販売、18年は28年ぶり前年割れ

14日、2018年の中国の新車販売が前年比2.8%減に止まったと中国汽車工業協会が発表しました。 その中でも、関税引下げの影響でトヨタが販売台数14%増、多目的スポーツ車(SUV)が好調だった浙江吉利 …

【悲報】副業も普及しない、ギグエコノミーも拡大しない日本

働き方改革の一環として厚生労働省が昨年1月、指針作成など副業解禁に向けて舵を切ってから約1年が経過しました。最近では徐々に取り入れる企業も現れていると報道されています。 しかし、大部分の企業は、政府の …

高齢者にも電子マネー普及で銀行の存在意義がいよいよ希薄に

高齢者の間で電子マネーの利用が広がっていると報道されています。70歳代の電子マネー平均利用額は直近5年間で87%増加し、全世代平均の58%を上回りました。 そもそも今まで高齢者がカードを使わなかったの …

【悲報】自ら老後資金を確保しない限り75歳まで働き続ける社会に

厚生労働省が公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討(その代わり、繰り下げ受給を選択した高齢者は、75歳以降に受給する年金額を割増し)に入ったと報道されています。2019年は公的 …

【ダメ】ボッタクリ外貨建て保険の被害者が急増中【絶対】

生命保険会社が銀行の窓口で販売している外貨建て保険の苦情が急増していると報道されています。2017年度の苦情件数は1,888件と、5年前の2012年度に比べて3倍超に増加しました。しかも、この数字は外 …