シーゲルのお友達

米国高配当株を中心に全力でインデックス投資!Shigeのセコイ節約投資生活の浮き沈みを全公開!

ビジネス

【悲報】自ら老後資金を確保しない限り75歳まで働き続ける社会に

投稿日:


厚生労働省が公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討(その代わり、繰り下げ受給を選択した高齢者は、75歳以降に受給する年金額を割増し)に入ったと報道されています。2019年は公的年金の持続可能性を検証する5年に1度の財政検証の年で、検証結果を踏まえて制度改正を議論し、2020年中に関連法案が国会に提出されます。

おそらく昨年11月2日に開催された第6回社会保障審議会年金部会の議事録が公開されたため、このタイミングで報道されたのだと思いますが、今さら仰々しく報道されるようなことではなく、年金部会の事務局資料を読めば、公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるよう制度改正することを意図していることが明確に読み取れます。

そもそも、2018年2月に閣議決定された「高齢社会対策大綱」においても、既に「70歳以降の受給開始を選択開始とするなど、年金受給者にとって柔軟で使いやすいものになるよう制度の改善に向けた検討を行う」と記載されており、今後、この方向性で議論が進められていくものと思われます。

さらに、同じ年金部会の事務局資料では、高齢者の就業促進を図る観点から、現在の在職老齢年金制度(就労し一定以上の賃金を得ている高齢者の年金支給を一部または全部停止する制度)についても多くのページが割かれており、年金制度改正と合わせて何らかの在職老齢年金制度の見直しも行われる可能性が高いと思われます。

その場合、高齢者の就業促進を図るため、働く高齢者に対する年金支給の停止を一部取りやめる等の改正が予想されますが、多額の財源が必要となるため、在職老齢年金制度がどのように見直されるかについては、まだ不透明です。

さらに、報道では、現在65歳まで希望者全員の雇用を企業に義務づけている高年齢者雇用安定法を改正し、70歳まで就業機会が確保される社会づくりを目指す方針ともされています。ただし、この点については、産業界や中小企業からの抵抗が予想されるため、本当に70歳まで希望者全員の雇用を企業に義務づける改正が行われるのか、単なる努力義務や助成措置の創設にとどまるのか、まだ分かりません。

このように、まだ不透明な部分も多いものの、こうした政府資料や報道を見て思うのは、現在20代~40代の世代は、もはや公的年金に頼ることはできず、自ら十分な老後資金を確保しない限り、75歳まで働き続けることが宿命づけられた世代だということです。これは給付引き下げの方向に向かう年金制度が原因ではなく、人口の高齢化や経済の成熟化の結果なので、政策変更により問題が解決することを期待することはできません。

このため、現役世代としては、①若いうちから証券投資で資産を増やすこと、②社会から必要とされ続けるため新しい知識・技術を吸収し、高齢世代を強制的に抱え込まされて高齢世代に人件費を吸い上げられる企業から離れて(または、雇用関係を維持したままで良いので、企業内高齢世代コストを負担しない別枠扱いのポジションを社内で得ることにより)、自らの人生をコントロールしていくしかありません。

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【悲報】副業も普及しない、ギグエコノミーも拡大しない日本

働き方改革の一環として厚生労働省が昨年1月、指針作成など副業解禁に向けて舵を切ってから約1年が経過しました。最近では徐々に取り入れる企業も現れていると報道されています。 しかし、大部分の企業は、政府の …

【悲報】タクシー業界の既得権益ゴリ押しでライドシェア広がらず

ライドシェア(自家用車を使った配車や相乗り仲介のサービス)が、過疎地を中心に徐々に始まりつつあると日本経済新聞で報道されています。 しかし、実際のところ、道路運送法により既得権益を享受しているタクシー …

【悲報】人材競争力: ソウル・台北・シンガポール>東京という現実

人材の競争力を国・都市毎に評価した2019年版の「世界人材競争力指数」において、東京が上位10都市にランクインできず、同じアジアでもソウル・台北・シンガポールに負けていることが明らかになりました。報告 …

【悲報】不動産取引に急ブレーキ、崩壊の序曲が始まった。

高水準だった国内の不動産売買が減速しているようです。2018年7~12月の取引額は1兆7290億円と前年同期に比べ34%減となり、半期の取引額としては6年ぶりの低水準になったと報道されています。特に海 …

【ダメ】ボッタクリ外貨建て保険の被害者が急増中【絶対】

生命保険会社が銀行の窓口で販売している外貨建て保険の苦情が急増していると報道されています。2017年度の苦情件数は1,888件と、5年前の2012年度に比べて3倍超に増加しました。しかも、この数字は外 …