シーゲルのお友達

米国高配当株を中心に全力でインデックス投資!Shigeのセコイ節約投資生活の浮き沈みを全公開!

ビジネス

【悲報】不動産取引に急ブレーキ、崩壊の序曲が始まった。

投稿日:


高水準だった国内の不動産売買が減速しているようです。2018712月の取引額は17290億円と前年同期に比べ34%減となり、半期の取引額としては6年ぶりの低水準になったと報道されています。特に海外勢による購入が減少しており、2018年下期は前年同期から9割減少しました。

都内に住んでいれば分かりますが、最近のタワーマンションの価格高騰は異常です。記事では米大手不動産ファンドの日本法人幹部のコメントが引用されていますが、出回っている案件が高額すぎて採算が合わないとのこと。

こんな時期にあっても不動産業者の営業活動は活発ですが、本当に儲かるのであれば自分で幾らでもレバレッジを利かせて物件を買い漁れば良いのであって、見ず知らずの顧客に物件を買わせようとしている時点でおかしいと思うのが常識的な判断でしょう。

実は、都心のタワーマンションの多くは、今後、大量に売りに出されることが分かっています。2012年、2013年頃から、多くの中国人富裕層が東京のタワーマンションを「爆買い」してきました。その後、アベノミクスで不動産価格が上昇したため、彼らにしてみれば早く物件売って利益を確定してしまいたいのですが、日本には、通常なら20%で済む税金が、購入後5年以内に不動産を転売すると譲渡益に対して39%課税される仕組みになっているため、売却することができませんでした。

ところが、今年から2019年になり、いよいよ税制の縛りも無くなり、これからオリンピック前後を境に東京の不動産価格が下落すると噂される中で、2012年、2013年頃に東京のタワーマンションを爆買いした中国人が、一刻も早く物件を売り抜けようとしています。

しかし、昨年から「かぼちゃの馬車」をめぐるスルガ銀行の不祥事の影響で金融機関の不動産融資に対する態度が硬化したため、買い手が付きにくくなって物件を売りにくくなってしまい、中国人富裕層は焦って不動産業者にインセンティブを付けて何とか物件売り払おうとしています。そうした中、最後にババを引かせる人間を探して貴方のところに持ち込まれたのがその物件なのです。

いったん不動産を購入してしまえば、買った瞬間に価値が下がり始め、売ることもできないまま、リフォーム等の費用がかさむだけでなく、借り手探しにお金以外の手間がかかって、地獄のような日々が待っていることは間違いありません。素人が片手間で不動産投資などすべきでないし、仮にするのであれば、価格が十分暴落するのを待ってからにしましょう。まだもう1、2年はかかるでしょうが、それほど長く待つことはない筈です。

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「転職で賃金増えた」物語の終焉

転職時に前職より賃金が上がった人の割合が2018年10~12月期に1年半ぶりに前年同期を下回ったと日本経済新聞で報道されています。 報道によれば、例えば昨今の自動運転やAIブームで引き手数多ITエンジ …

【飯ウマ】異業種の金融参入続々、既存金融はオワコン化

KDDIがカブドットコム証券に出資する方向だと報じられています。 異業種による金融参入がこの1、2年で加速していますが、その多くはインターネットで顧客に金融サービスを直接提供する動きです。 通信業界か …

【悲報】タクシー業界の既得権益ゴリ押しでライドシェア広がらず

ライドシェア(自家用車を使った配車や相乗り仲介のサービス)が、過疎地を中心に徐々に始まりつつあると日本経済新聞で報道されています。 しかし、実際のところ、道路運送法により既得権益を享受しているタクシー …

【悲報】副業も普及しない、ギグエコノミーも拡大しない日本

働き方改革の一環として厚生労働省が昨年1月、指針作成など副業解禁に向けて舵を切ってから約1年が経過しました。最近では徐々に取り入れる企業も現れていると報道されています。 しかし、大部分の企業は、政府の …

【悲報】自ら老後資金を確保しない限り75歳まで働き続ける社会に

厚生労働省が公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討(その代わり、繰り下げ受給を選択した高齢者は、75歳以降に受給する年金額を割増し)に入ったと報道されています。2019年は公的 …