シーゲルのお友達

米国高配当株を中心に全力でインデックス投資!Shigeのセコイ節約投資生活の浮き沈みを全公開!

投資方針

Vanguard「非米国資産への配分を40%に」

投稿日:2019年1月12日 更新日:


世界最大級の投資顧問会社であるVanguard GroupのCEOであるTim BuckleyとCIOのGreg Davisがwebcastで「投資家はポートフォリオの40%を米国以外の株式・債券として保有すべき」と述べたとBloombergで報じられています。

元ネタのwebcastを見つけられないのですが、記事によれば、米国以外にも分散された株式投資は米国株(米国株についてVanguardは今後10年間で年率4~6%のパフォーマンスを予想)のパフォーマンスを上回ると発言しました。

元々Vanguard Groupは投資家に米国以外への株式・債券への投資は全ポートフォリオの30%とすべきとしていましたが、米国以外のファンドに投資するために必要だった手数料が低下したことから、推奨するポートフォリオを変えたそうです。

私は日本株に過剰に投資してしまった資産配分を修正して米国株を買い増そうとしているところなので直接は該当しません。しかし、既に大量に米国株を保有している方には有益な情報でしょう。

今のところ中国経済の先行きが不透明ですし、昨年末に米国の株価がかなり下がったため、今すぐ配分を変える必要は無いと思いますが、中期的には米国以外に分散することも考えるべきです。

よく引用されるシーゲルの『株式投資の未来』においても、国際分散投資が推奨されており、非米国株に30%程度を充てるべきとされていますが、今回のVanguardの提案は、それと比べても若干高い割合になります。

-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【悲報】厚労省、低成長なら40年に就業者2割減と推計

15日に発表された厚労省の推計で、今後、日本経済が0%近い低成長を続け、女性や高齢者の労働参加が進まない場合、40年には17年に比べ1,285万人(20%)減の5,245万人になると試算されたと報道さ …

米国のミレニアル世代の間でFIRE運動が流行

米国のミレニアル世代の間で、40歳前後でのリタイアを目指し、収入の大部分を貯蓄に回す等して早期に「経済的自由」を手に入れようとする動きが広まりつつあると日本経済新聞で紹介されています。日本では「経済的 …

やはりSNS・スマホ決済・オンライン広告など「今、熱い領域」のテック企業への投資は避けるべき

ICT総研が「2018年 SNS利用動向に関する調査」を発表しました。2017年末の国内ネットユーザーのうち、72.1%がSNSを利用しており、2020年には78.7%に達する見込みとされています。 …

2019年前半の投資方針

2019年前半の投資方針を考えてみました。 <2018年後半の総括> 低PERの日本株インデックスを選んだのは当時としては間違っていなかったと思うが、もう少し様子を見ながら徐々に買い進めるべきだった。 …

【悲報】世界の利益、米国が4割

悲報なのか朗報なのかは、これまで日本株と米国株のどちらに投資してきたかによりますが… 日経イブニングスクープにおいて2018年は世界の純利益の4割を米企業が稼ぐ見込みと報道されています。 …